ピラティスでポール???ピラティスでポールを使ってみよう。その効果について。

コラム

  • HOME
  • ブログ
  • コラム
  • ピラティスでポール???ピラティスでポールを使ってみよう。その効果について。

ピラティスでポール???ピラティスでポールを使ってみよう。その効果について。

「ポール」と言うと、ポールダンスに使用するようなポールを思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。しかしそれはダンスに使うポールで、今回紹介するのは、天井から床に垂直に立つポールではなく、寝転がって使うポールです。

ピラティスでポール???ピラティスでポールを使ってみよう。その効果について。

マットを使うピラティスもあれば、マシンを使うピラティスもあり、ポールを使うピラティスもあるので、自分のなりたい肉体を想像して、より効果のあるものを見極めて使いましょう!
ピラティスでポールを使う時に期待できる効果、ポールを使う利点を紹介したいと思います!

この記事の目次
・ピラティスでポールを使う時に期待できる効果、ポールを使う利点
・ピラティスでポールを使う時に感じるデメリット
・まとめ

ピラティスでポールを使う時に期待できる効果、ポールを使う利点

ピラティスでポール???ピラティスでポールを使ってみよう。その効果について。

1.背筋が伸び、姿勢が良くなることが期待できる

簡単と言うと少し語弊がありますが、立っている状態だと今までの生活でついてきた骨のクセで一人でピラティスを行うとなるとなおさら背筋をピンと綺麗に伸ばすのは難しいかもしれませんが、ポールは「これが背骨が伸びている感覚か」と理解しやすくなるかもしれません。

さらにポールに寝転がっている状態は、筋肉が緩んでいる状態なのでその状態で運動をすることによってより正しい姿勢へと導いてくれるのです。
猫背は見た目にも健康にもよくないです。どんなにおしゃれな服装をしていても姿勢が悪いとそれだけで台無しですし、
首が前に出てお腹がポッコリと出るとなると美しくないですし、さらに肩こりやそこからくる頭痛にもつながってしまう可能性があるといえます。
デスクワークや、一日中座っている人にはポールピラティスをぜひオススメしたいと思います。

2.肩の可動域の狭さへの改善が期待できる

肩甲骨周りが伸びて、筋肉が伸び痛気持ちよくなります。
筋肉が硬くなっている状態から緩められ、さらにそこにピラティスの動きを加えることで血流が滞っていた肩甲骨周りの筋肉に血流が周り、そこのコリがほぐれやすくなりますので、肩こりの改善、肩の可動域の広がりが期待できる可能性があります。

3.腰痛の改善に期待ができる

腰痛も同様、筋肉がこわばり血流が悪くなっていることが多く、ポールを使うことで血流が改善し、腰痛の改善につながることが期待できます。
腰が無理をしているとお尻がそれをカバーしようとしてどんどん身体中にガタが広がっていく悪循環です。腰が悪い人はぜひ全身状況を考慮して腰の状況を改善していくように努めて行って欲しいです。

4.肺が広がリラックス効果も。

近年スマホやパソコンを使っている人は肩が前に出て肺が圧迫されている状態なので、意識はしなくともあまり息が吸えていないことがあります。

しかしポールに寝転がっている状態だと、助骨が広がり肩が後ろの方に行き、空気がかなり吸いやすくなっていると感じ流ハズです。
空気をたっぷり吸いながらピラティスをすることで、リラックスをしながら行うことができます。

ピラティスでポールを使う時に感じるデメリット

ピラティスでポール???ピラティスでポールを使ってみよう。その効果について。

マットを使うピラティスよりもポールを使うピラティスの方が難易度が少し上がってしまうかもしれません。
バランスを取るのが難しいかも…と思ったかた、その通りです。
ピラティスをしていなくて寝転がっているだけでも結構バランスを取るのが難しいので、気をぬくと足だけを床につけている場合バランスを崩してしまうことがよくあります。
最初はポールに寝転がっている姿勢で自分の体制をうまく保てるように、まずはポールに慣れることから始めましょう。だんだんうまく体制が保てるようになってくるハズです。徐々に慣らして行くことが大切です。
その上、腕を動かしたり、独特な呼吸法を行うピラティスをすることはバランスを保つことはあまり易しいとは言えません。
最初のうちはマットでするピラティスと比べると、難しく感じるかと思います。
もちろんなんども続けていけばなれますし、徐々にいろんなポーズができるようになっていき、腰痛や肩の凝りに対して期待ができます。

ポイントは力まずに、ゆったりとリラックスした気持ちでエクササイズするのがいいですよ!

まとめ


通販やネットで購入したダイエットに使うグッズや健康アイテムってそのうち、やらなくなってしまうのが常だと思います。
我が家も例に漏れずそうで、買っては無駄にしていました。しかし、このポールだけは我が家にずっとあり、定期的に誰かが使用していました。
私はパソコンの仕事をしたあとにこの上で私も定期的にこの上で身体を伸ばしていましたし、
ピラティスをしていない父がこの上によく寝転がって、背骨を伸ばしていて、
父もひどい腰痛持ちですが、この上での転がると気持ちよく背骨が伸び凝り固まった背骨が少し楽になり、肩甲骨がくっついて可動域の狭くなった感じが軽減される気がすると言っていました。

ポールは結構大きくて場所を取りますし、使わなくなった時にとても、正直邪魔です。
興味があるけど家にはスペースがなくておけないと言う人はまずはスタジオに行って実際に使用してみて試してみてはいかがでしょうか。試してみてはいかがでしょうか。

Pilates Tokyo(ピラティス東京)新宿スタジオなら、もちろん、ピラティスの知識がまったくない初心者でも安心して体験レッスンに参加することができますが、ピラティスの知識があることでインストラクターにより踏み込んだ指導をしてもらえるので、ピラティスの効果も得られやすいでしょう。

まずは体験レッスンで確認してみましょう。

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。