ピラティスマシン・リフォーマーとは? マットピラティスとの効果を比較してみた

コラム

  • HOME
  • ブログ
  • コラム
  • ピラティスマシン・リフォーマーとは? マットピラティスとの効果を比較してみた

ピラティスマシン・リフォーマーとは? マットピラティスとの効果を比較してみた

ピラティスといわれたとき、皆さんはどんなことをイメージしますか?
スタジオでのマットレッスンでしょうか? それともマシンでおこなうものでしょうか? ピラティスのマシンのひとつ、リフォーマーを思い浮かべた方も多いかもしれません。リフォーマーは、それくらいピラティスでは代表的なマシンです。
ですが、初心者にとって見慣れないリフォーマーでのピラティスはなんだか難しそうに感じられてしまいますよね……それに、気になるのはマットピラティスとの効果の違いではないでしょうか。そこで今回は、ピラティスのマシン・リフォーマーについてわかりやすく説明するとともに、マットピラティスとの効果も比較していきたいと思います。

リフォーマー

この記事の目次
・ピラティスにはマットピラティスとマシンピラティスがある
・ピラティスのマシン・リフォーマー
・リフォーマーレッスンとマットレッスンの効果を比較
・まとめ

ピラティスにはマットピラティスとマシンピラティスがある

大きく分けると、ピラティスレッスンには「マットピラティス」と「マシンピラティス」に分けられます。多くのピラティススタジオでは、マットピラティスのレッスンを中心に、マシンピラティスのグループレッスンも開催しています。マシングループレッスンがなくても、プライベートレッスンについてはほとんどのスタジオで開催しています。マシンピラティスの場合、スタジオの面積や設備によってレッスン内容も変わってきます。グループレッスンの場合は、リフォーマーやタワーを複数台使っておこなわれますが、個人スタジオの場合は、複数台置くスペースがないため、リフォーマーを中心にバレルやチェアなど限定したマシンのみを設置しているスタジオがほとんどです。また、全種類のマシンを設置するには広い面積が必要なのはもちろんですが、指導する側の知識や高度なスキルが求められます。
ここで、マットピラティス、マシンピラティス、それぞれがどのようなピラティスなのか、簡単に説明していきます。
マットピラティスはフロアにマットをセットしておこなうもの。フラットな状態でピラティスのポーズに取り組みます。初心者にとってはじめやすいレッスンになります。マットレッスンでは、ボール、ローラー、サークル、セラバンドなどのアイテムも使用してレッスンがおこなわれることもあります。マシンレッスンは、グループレッスンであれば、リフォーマーやタワーを使っておこなわれますし、プライベートレッスンであれば、リフォーマー、バレル、チェアなど様々なマシンを活用しておこないます。

ピラティスのマシン・リフォーマー

SNSでもリフォーマーでのトレーニングが多く投稿されています。皆さんも、映画やテレビで活躍する女優・女性モデル・タレントなどが、リフォーマーでトレーニングしている様子を目にしたことがあるのではないでしょうか?
ピラティスのマシン・リフォーマーはピラティスの原型ともいえるものです。第一次世界大戦の従軍看護師であるジョセフ・ピラティスが傷病兵のリハビリのためにはじめたのがピラティス。寝たままでもおこなえるようにベッドを改良したものがリフォーマーの原型です。一般的なリフォーマーはフレームとキャリッジ、そしてスプリング・ストラップ・バーからできています。製品によってはタワーがついているものも。
リフォーマーの構造ですが、フレームにセットされているのが可動式のマットレスであるキャリッジ。ベッド前部に設置されているのがバーです。バランスとをとるためにつかまります。後部には2本のストラップがついています。このストラップは両手で握りしめたり、両足首に引っ掛けたりできます。この伸縮性のあるストラップを手や足で引っ張ります。また、キャリッジに内蔵されているスプリングで負荷が調整できるのです。ちなみにこのリフォーマーはリフォーム(改良・改善すること)からネーミングされています。この名前からも姿勢の改良・改善を目的としたマシンということがわかるはずです。

リフォーマーレッスンとマットレッスンの効果を比較

ここで皆さんが気になるリフォーマーレッスンとマットレッスンの効果を比較していきます。

インナーマッスルトレーニング

ピラティスのメインはインナーマッスルを鍛えること。それはマットピラティスでもマシンレッスンでも変わりません。マシンレッスンではスプリングで負荷を調整できるので、体力に自信のない方から、ある程度筋力のある方まで幅広くマシンを活用しながら、無理のない範囲で最大限のインナーマッスルトレーニングができます。それぞれに相応しいインナーマッスルトレーニングができるので、効果が実感しやすいといえるかもしれません。

気になるむくみの解消

女性にとってダイエットの敵でもあるむくみ。ピラティスはむくみにもおすすめです。普段は眠っている筋肉が活動するので、凝り固まっていた老廃物がすっきりします。特に、膝やアキレス腱を伸び・縮みさせる伸縮運動が自由自在にできるリフォーマーは足のむくみにも効果的に作用しやすく、足の大きな筋肉を動かすことで代謝が高まり、老廃物が体外に排出されやすくなります。

姿勢改善

ピラティスでは姿勢改善することによってスタイルがよくなったり、腰痛が改善を目指します。特に、リフォーマーは、縮まった背骨を伸ばすことから姿勢改善に効果を発揮します。マットレッスンよりも、背骨を意識しやすく、また伸ばしやすいため、背骨の近くにある多裂筋というインナーマッスルを刺激することができます。多裂筋は、姿勢を支えるインナーマッスルのため、姿勢の改善につながります。リフォーマーの方が、もしかするとマットレッスンより時短で効果が期待できるかもしれません。

まとめ

リフォーマーは難しそう……と初心者は思い込んでしまいがちですが、そんなことはありません。もともとはリハビリのためのマシン。マシンレッスンでは、マットレッスンに比べて負荷の調整ができることがメリットです。また、体幹を強化できるため、アスリートにもピラティスや体幹強化メソッドは導入されています。
ピラティス初心者の方、また運動が苦手な方にこそ、しっかりとインストラクターにレクチャーしてもらいながらマシンレッスンにトライしていただければと思います。経験豊富なインストラクターなら、必要に応じて細かい負荷の調整もおこなえるので安心してレッスンを受けてみてください。

The Pilates Tokyoには、最新鋭のリフォーマーがそろっています。もちろん、インストラクターもベテランばかり。初心者のリフォーマーレッスンをサポートします。
リフォーマーが気になる皆さん、まずは体験レッスンで効果を実感してみませんか?

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。