ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

コラム

  • HOME
  • ブログ
  • コラム
  • ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

ピラティスのレッスンでは「骨盤をニュートラルポジションにしてください」というフレーズがよく使われます。インストラクターがこれだけ「ニュートラルポジション」というのですから、ピラティスのエクササイズではとても重要のものであることに違いありません。

ニュートラルポジションとは、ピラティスの基本ともいえます。ビギナーはニュートラルポジションを理解することからはじめるのです。ニュートラルポジションができなければ、ピラティスの2歩目には踏み出せません。

ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

そこで今回は、ピラティスの基本であるニュートラルポジションについて、徹底解説していきます。

この記事の目次
・ピラティスの基本・ニュートラルポジションって?
・どうしてニュートラルポジションにならないの?
・ピラティスの基本・ニュートラルポジションを実現
・まとめ

ピラティスの基本・ニュートラルポジションって?

ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

ピラティスはマットをセットしたらどんどんポーズにチャレンジしていくというわけではありません。まずはニュートラルポジションをチェックして、スタンバイができたところではじめていくのです。

ニュートラルには「偏らない」「中立的である」「中間的である」という意味があります。したがってニュートラルポジションとは「安定したポジション」であることをいいます。ピラティスのニュートラルは、骨盤、背骨、頭が一直線になっている状態のことです。

どうしてこのニュートラルポジションがピラティスの基本とまでいわれるのでしょうか。それは、ニュートラルポジションによって、ピラティスの効果を最大限に実感できるから。身体のバランスがとれていない状態でピラティスをおこなっても、効果的に筋肉を使うことはできません。それだけ効果を得ることができなくなってしまうのです。

ニュートラルポジションはピラティスの基本であるばかりでなく、生活するうえでのポジションの基本にもなります。日常的にニュートラルポジションをキープできるようになれば、見た目にも姿勢がよくなりますし、さまざまなパフォーマンスもアップするでしょう。

どうしてニュートラルポジションにならないの?

ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

人間が生活していく以上、意識を持っていなければ骨盤は歪んでいくもの。意識をしていたとしても、歪んでしまうかもしれません。利き手があるように、どうしても身体の使い方が偏ってしまうのは仕方ないことです。

歪んでいない骨盤はニュートラルポジションになっています。ですが、骨盤が歪んでしまっていると、骨盤、背骨、頭までが一直線でなくなり、コースアウトしてしまうことに。筋肉を効率よく働かせることができなくなり、インナーマッスルがおとろえていきます。そのため、内臓を支えることができなくなり、胃もたれ、消化不良、便秘といった胃腸のトラブルにつながります。

骨盤が歪んでいると、ニュートラルポジションをみつけようとしたとき、なかなかうまくいきません。歪んでいる状態が自分自身の体にインプットされてしまっているからです。

ピラティスをきっかけに、歪んだ骨盤をニュートラルポジションにして矯正していかなければ、パフォーマンスの低下ばかりでなく、体調不良を招く結果になってしまいます。

ピラティスの基本・ニュートラルポジションを実現

ピラティスの基本はニュートラルポジション!気になるエクササイズを徹底解説!

ピラティスの基本であるニュートラルポジションは、どのように実現していけばいいのでしょうか。ニュートラルポジションには、あおむけになった状態のものと、座った状態のものとがあります。それぞれのニュートラルポジションを、意識せずキープできるようになりましょう。

まずは、あおむけの状態のニュートラルポジションです。あおむけになって両膝を立ててください。肩幅程度に広げておくのがベストです。そしてサイドにある骨盤の出っ張りである上前腸骨棘とその延長線上にある恥骨の位置を確認します。ここで上前腸骨棘を動かしてみましょう。恥骨も一緒になって動くはず。動かしながら真ん中をさぐってください。これがニュートラルポジションです。

座っている状態のニュートラルポジションのポイントは、骨盤を垂直に立てて座るのを意識すること。このとき、お尻の底にある出っ張った骨がぴったりと床に接していることが理想的です。

どちらのニュートラルポジションでも、コアの筋肉が機能している状態になります。腹筋といわれる腹直筋や腹横筋が収縮し、筋肉がついていくことで体幹を鍛えることができるのです。

ニュートラルポジションに馴れていないと、すぐに位置がわからなくなってしまうでしょう。ですが意識をすることによって、日常的にニュートラルポジションをキープできるようになります。

まとめ

ピラティスではニュートラルポジションが基本となります。身体に備わっている機能を発揮できる状態になり、ピラティスによる効果を最大限に得られるのです。ニュートラルポジションをキープするだけで、姿勢がよく見えるばかりでなく、体幹トレーニングにもつながります。

ニュートラルポジションができるようになり、さまざまなメリットを実感するようになったら、もっと本格的にピラティスに取り組んでみたくなるはず。

Pilates Tokyo  新宿西口プレミア店では、インストラクターがニュートラルポジションからさまざまなポーズまで、ピラティスの基本をしっかり指導してくれます。

まずは体験レッスンで、ピラティスに挑戦してみましょう。

体験レッスン

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。