ピラティスの器具・リフォーマーの効果って?驚くべき効果をご紹介!

コラム

ピラティスの器具・リフォーマーの効果って?驚くべき効果をご紹介!

ピラティスもマットピラティスでは見た目にヨガとも区別がつかないかもしれませんが、マシンピラティスになるといよいよピラティスらしい様相を呈してきます。

マシンピラティスでトレーニングしている様子をアップした女性アイドルが、リフォーマーでポーズをとりながら、おしげもなく引き締まった身体をアピールしているのです。

このリフォーマーはピラティスの器具では代表的なもので、フレームが木製のもの、アルミ製のもの、プラスチック製のものと様々ですが、基本的な構造はどれも一緒です。

フレーム内に設置されたキャリッジ、伸縮性のある2本のロープに取り付けられたストラップ、キャリッジからつながっている、幅のあるスティック状のストッパーからなっています。

ピラティスの器具・リフォーマーの効果って?驚くべき効果をご紹介!

そこで今回は、気になるピラティスのマシン・リフォーマーの、驚くべき効果をご紹介します。

この記事の目次
・ピラティスリフォーマーの効果1.腰痛の改善
・ピラティスリフォーマーの効果2.肩こりの改善
・ピラティスリフォーマーの効果3.疲れにくくなる
・まとめ

リフォーマーの効果1.腰痛の改善

ピラティスの器具・リフォーマーの効果って?驚くべき効果をご紹介!

ピラティスのリフォーマーはなんだか大がかりなもので、ピラティス初心者には難しいイメージがあるのではないでしょうか。特に、腰痛を改善するために、無理なくピラティスをしたいという場合には、むしろ症状が悪化してしまうのでは?とも思えるかもしれません。

ピラティスのリフォーマーはピラティス初心者でも、腰痛の症状があったとしても、無理なく身体に負荷をかけていくことができます。

リフォーマーにはスプリングが組み込まれていて、反動を利用するので、身体に無理がかかりません。さらに、ストラップをつかんでバランスもとれるため、慣れていなくても安全に取り組めます。

ピラティスのリフォーマーでトレーニングを積み重ねることによって、身体に負担をかけずにインナーマッスルを強化することが可能です。インナーマッスルは胴体部分を支えてくれる役割をする筋肉です。背骨から肋骨までが筋肉でしっかりと持ち上げられるので、腰痛の改善が望めます。

ピラティスリフォーマーの効果2.肩こりの改善

ピラティスの器具・リフォーマーの効果って?驚くべき効果をご紹介!

ピラティスのリフォーマーで、つらい肩こりの症状を改善することができます。成長していくうち柔軟トレーニングをしなければ関節は硬くなってしまいますし、大人になるにつれてスポーツをしていなければ運動不足になっていきます。その結果、肩の筋肉が緊張・硬直してしまい、肩こりになっているのです。

では、どうしてピラティスのリフォーマーで肩こりを改善できるのでしょうか。それは、適度な負荷で肩甲骨周辺の筋力アップをトレーニングしながら、柔軟性を向上させる動きを同時に取り入れられるからです。

例えば、リフォーマーの「オファリング」というポーズは、ストラップのハンドルを持ち、ゆっくり両腕を広げていく動作になります。伸縮性があるストラップによって適度な負荷がかかり、かつ両腕を広げていくことで筋肉がじっくりと伸ばされていきます。

マットピラティスでも肩こりの改善が期待できるポーズはたくさんありますが、マシンピラティスだからこそできるトレーニングもあるということです。

ピラティスリフォーマーの効果3.疲れにくくなる

ピラティスの器具・リフォーマーの効果って?驚くべき効果をご紹介!

ピラティスのリフォーマーをコンスタントに取り入れると、疲れにくい身体を手に入れることができます。それは、リフォーマーでのポーズが、スプリングの抵抗を利用していることに理由があります。

ピラティスはインナーマッスルを強化する体幹トレーニングという側面を強く持っています。ジムでのトレーニングでは、見た目にもわかる表面の筋肉を強化することはできますが、なかなかインナーマッスルを強化することは難しいものです。

マットピラティスでは自然界では当然にかかってくる重力の負荷がかかります。ですがリフォーマーでは、この重力だけでなく、マシンの負荷もかかってくるのです。つまり、負荷を利用して効率よくトレーニングをすることで、さらにインナーマッスルが鍛えられるという図式が成り立ちます。

インナーマッスルを鍛えるだけでなく、マシンの反動によって柔軟性もアップするので、結果的に疲れにくい身体を手に入れることができます。

インナーマッスルが弱いのは、身体を支える力も弱いということ。そのため、上半身が安定せずに、上手に動かすことができません。その身体をどうにか動かそうとするのですから、当然必要以上に酷使してしまい、知らず知らずのうちに疲れてしまっているのです。

インナーマッスルの強化で上半身を安定して、柔軟性をアップさせた身体でスムーズな動作が実現できます。

まとめ

ピラティスにはマットだけでなく、リフォーマーに代表される器具を使用してトレーニングするものがあります。見た目には難しそうにみえるかもしれませんが、初心者でも無理なくはじめることができますし、リフォーマーでなければ得られない効果も実感できます。

Pilates Tokyo(ピラティス東京)新宿スタジオでは、初心者でも無理なくリフォーマーでピラティスをはじめられます。インストラクターの指導で、より効果を実感できるのです。

リフォーマーの効果についてはこの記事が大人気です。「ピラティスリフォーマーって?効果は?ピラティスマシンを特集」。一度ごらんください。

まずは体験レッスンで、リフォーマーに挑戦してみましょう。

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。