ピラティスで腹筋女子になる! 驚きの効果をご紹介

コラム

皆さんは「腹筋女子」という言葉をご存じですか?
腹筋を鍛えあげたすっきりとしたウェストのモデルやアスリートって本当に憧れますよね。

いつの時代も女性は細いウェストに憧れてきました。歴史を振り返ると、ウェストを細く見せるためのコルセットの原型が誕生したのは、さかのぼること紀元前1600年とも言われています。その後16世紀ごろまでにコルセットの形状は、ヒップをカバーする長いものからウエストラインを中心とした短いものまでバリエーションを増やしながら変化を続けてきました。しかし、多くの女性たちが、コルセットで身体を締め上げ細いウェストを手に入れた代償として呼吸器疾患や肋骨の変形、内臓の損傷などを引き起こしていたとも言われています。その後、1960〜70年代に入り、スポーティーで健康的なライフスタイルが価値を持ちはじめると、コルセットは廃れ、代わりに体の形を整えたりウエストを細くするために、食生活やストレッチ・有酸素運動などのエクササイズに目を向けられるようになっていきました。

現代でも引き続き、細いウェストは多くの女性の憧れですが、ダイエットで痩せて、ただ細いだけではない「健康的でひきしまったウェスト」を目標にワークアウトに励む女性が増えています。その代名詞ともいえるのが「腹筋女子」。鍛えられている、引き締まっている。そんなウエストがSNSや雑誌記事で美しいといわれるようになってきたのです。ただ細いだけより、健康的でメリハリのあるボディラインが、今どき女性の憧れです。今すぐ腹筋女子になりたい! という女性には、ピラティスが近道。今回は、ピラティスで腹筋が美しく鍛えられる驚きの効果についてお話いたします。

腹筋女子

この記事の目次
・話題の腹筋女子になるためにはピラティスがおすすめ
・ピラティスで腹筋はここまで鍛えられる
・ピラティスで腹筋が鍛えられる理由
・まとめ

話題の腹筋女子になるためにはピラティスがおすすめ

話題の腹筋女子になるためにはピラティスがおすすめ!というと、「自宅で腹筋するだけじゃだめなの?」「 ジムのほうがいいんじゃないの?」 と思う方もいるかもしれませんね。まずは、腹筋運動が、そもそもウェストを引き締めるためのに役立つのか確認してみましょう。

学生時代、運動部に所属していた方なら、筋トレメニューに組み込まれていた「腹筋」を何度もやったことがあるのではないでしょうか?仰向けになって、膝を立てて、起き上がる。それを何回も繰り返す…… これが皆さんがよくご存じの昔ながらのやり方での腹筋運動です。ただ、この腹筋運動では、残念ながら腹部を引き締めることはできません。この方法だと、腹部が引き締まるというよりは、腹直筋を鍛えることになります。腹直筋とは、肋骨下部から恥骨まで縦に走っている筋肉です。身体を丸めながら、上半身起こす筋トレは、結果として腹直筋を板チョコのように盛り上がった筋肉に仕上げることになります。男性アスリートのような6パックのムキムキのウェストのイメージです。しかも、この方法は、腰に負担がかかりやすく腰痛を引き起こしてしまうことも。
では、ジムのマシンはどうでしょうか? パーソナルトレーニングなど、トレーナーからのレクチャーの下、マシンで正しくトレーニングができれば、もちろん効果を実感していただけると思います。ただ、ここで考えたいのは、皆さんがどんな腹筋、どんなウェストを理想像にしているかということです。アスリートのような「バキバキの腹筋」を目指すのであれば、ジムで筋肉をいじめ抜くのもありかもしれません。ですが、皆さんの多くが程よく引き締まったウェストを目指されているのであれば、ジムでのトレーニングは、ちょっと方向性が違うかもしれません。

ピラティスで腹筋はここまで鍛えられる

ピラティスで腹筋女子になれるのか…… どこまで鍛えられるのか、気になるところではないでしょうか?
インターネットやSNSで「ピラティス」と検索してみると、ピラティスのインストラクターからモデル、さらに一般の女性までピラティスで鍛えた女性達を簡単に探すことができます。その誰もが見惚れるほどの美BODYで、その引き締まった美しいウエストは、私たちの憧れる「腹筋女子」の見本ともいえる人が多いようです。
そんなピラティス腹筋女子のウエストの特徴がこちら。

しっかりくびれている

ピラティスで鍛えた腹筋女子のウエストは、しっかりくびれているのがポイント。鍛えている、引き締まっているけど男性的なムキムキの腹筋ではく、女性的でモデルのような、たるみのない、くびれたウェストが目標です。腹筋女性で検索すると、けっこうムキムキの方がいるんです。くびれたウェスト作りにはいくつかコツがあります。ピラティスでは、背骨を伸ばすことを意識して、ウェストを引き上げながら、引き締まったウェスト作りを目指していけます。

自分らしい体型・ウェスト

女性にとってくびれたウエストは理想的ですが…… ウェストが細くても痩せているだけでは健康的とは言えません。痩せすぎてあばら骨が浮き出ているのは美BODYとはいえません。もちろん適切なウェイトコントロールは必要ですが、ピラティスでは、痩せるというより、健康的な身体作りを目指します。その結果、内臓機能や呼吸機能が高まり、代謝がUP。それによって、内臓脂肪や皮下脂肪が燃焼し、ウェストがほっそりとする効果も。痩せることだけを目標とせず、自分らしい健康的な身体作りができるのがピラティスの魅力です。

タテ線・シックスパックはなし

バキバキに割れた腹筋は「かっこいいな」とは思うものの、男性的なイメージから抵抗感のある方も多いはず。うっすらタテ線、ちょっとだけシックスパックが見えているくらいまでに留めておきたいものです。ピラティスでは、アンダーバストを骨盤から引き離すように伸ばしながら胸式呼吸することで腹横筋を鍛えます。下腹ポッコリの原因の多くが、内臓下垂によるもの。腹横筋などのインナーマッスルを鍛えることで、内臓が正しい位置に収まり下腹ポッコリが解消されます。そのうえで、しっかりと腹斜筋などの脇腹の筋肉を鍛えればすっきりとしたウェストになっていきます。

ピラティスで腹筋が鍛えられる理由

腹筋女子になるためには、ダイエットで痩せればいいわけでも、筋トレで鍛えすぎればいいわけでもないことがご理解いただけたかと思います。痩せすぎればあばらや肋骨が目立ちますし、鍛えすぎれば次の日は筋肉痛に…… 男性からみても女性からみても「美しい」「綺麗」だといえる腹筋になるためには、どうしてピラティスがよいのでしょうか?ピラティスで腹筋女子になれる理由について、もうちょっと掘り下げてみたいと思います。

インナーマッスルを鍛えるエクササイズだから

ピラティスとヨガの違うところは、ピラティスはインナーマッスルを鍛えることで、様々な不調を改善することを目的に始まったエクササイズという点です。ヨガは精神面を重視しますが、ピラティスでは、身体面特にインナーマッスルを鍛えることを目的にしています。インナーマッスルは筋肉でできたコルセットのようなもの。だから、インナーマッスルを鍛えればお腹が引き締まるのです。セルフトレーニングやジムトレーニングの多くでは、皮膚に近いアウターマッスルを重点的に鍛えます。よって、腹横筋などのインナーマッスルは鍛えられず、女性のお悩みに多い下腹ぽっこりの解消にはならないなんてこともあるようです。

呼吸法がウエストを引き締める

ヨガの呼吸法は腹式呼吸ですが、ピラティスの呼吸法は胸式呼吸です。胸式呼吸とは、背筋を伸ばした姿勢で肋骨を前後左右、360度膨らむように呼吸をいれ、そして、お腹をへこませ腹部に圧力をかけらながら呼吸を吐きます。慣れてきたら、お腹をへこませたまま「胸に呼吸」を入れてみましょう。呼吸法を意識するだけで、インナーマッスルが引き締められるのがポイントです。ただし、腹圧をかけて、呼吸を一気に吐いたり吸ったりすると危険です。ゆっくりと鼻から吸い、吸った時間より長い時間をかけて口からゆったりと吐くようにしましょう。呼吸法を取り入れてピラティスをすると、インナーマッスルを引き締める効果がぐんとアップします。

便秘解消でウエストすっきり

腹筋女子になるために立ちふさがるのが、女性にありがちな便秘の悩み。男性と比較して腹筋が弱い女性はどうしても便秘になりがちなんです。便秘でお腹がぽっこりしてしまうなんてことも。ピラティスは便秘解消にもおすすめなんです。なぜなら、インナーマッスルが鍛えられることによって、垂れ下がってしまった内臓が元通りの位置に戻るので内臓機能がUPし、内臓本来の機能を発揮できるようになるからです。便秘解消だけでなく、消化・吸収がスムーズになるので、太りやすいなどのお悩みがある方も体質改善が見込まれます。

まとめ

腹筋女子になるためにはピラティスがおすすめ。いままでの腹筋運動を繰り返しても、ジムでキツイトレーニングをしても、皆さんが目指す「腹筋女子」には近づけません。女性芸能人やモデルも取り入れているピラティスに挑戦してみませんか? 腹筋女子への第一歩はここから始まります。The Pilates Tokyoが腹筋女子になるためサポートします。初心者でも心配ありません。インストラクターがしっかりレクチャーします。まずは、体験レッスンで腹筋を鍛えてみませんか?

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。