ピラティスは毎日したほうがいい?効果を実感できる頻度をご紹介!

コラム

ピラティスは毎日したほうがいい?効果を実感できる頻度をご紹介!

ピラティスばかりでなく筋力トレーニングやジムトレーニングでも悩みどころなのが、「毎日するべきなのか」ではないでしょうか。

毎日やったほうが効果を実感できるのか。言い換えれば、毎日やらないと効果を実感できないのか。あるいは、数日おきに筋肉をやすめながらおこなったほうが効果的なのかどうか。ピラティスをはじめて悩むことも珍しくありません。

ピラティススタジオのレッスンは、どうしても1週間に1回になってしまいがちです。できる限り、自宅でも取り組むべきなのか気になるでしょう。

そこで今回は、ピラティスを毎日したほうがいいのか、効果を実感できる頻度をご紹介します。

話題のピラティスとその効果とは

SNSの投稿で話題になっているピラティス。ピラティスでスタイルを維持している女性たちのプロポーションに、こうなりたい!と興味を持った女性がたくさんいます。

ピラティスはヨガと混同されることがありますが、ピラティスとヨガは違うものです。確かに、ピラティスにはヨガの要素が取り入れられています。ですが、それは類似点でしかありません。

ヨガは柔軟性アップとリラックス効果を目的としており、その特徴として腹式呼吸をおこなうことがあげられます。ピラティスではインナーマッスルトレーニングを最大の目的としており、腹式呼吸でおこないます。

ピラティスの目的がインナーマッスルのトレーニングとあるように、ピラティスの効果はインナーマッスルのトレーニングによって得られるものといっても過言ではありません。ピラティスでは効率よくインナーマッスルをトレーニングできます。

インナーマッスルを鍛えることによって、女性にとってうれしいウエスト引き締め・ヒップアップ効果を得られます。さらに、骨盤が筋肉によってサポートされるので、姿勢がよくなるばかりでなく、腰痛の改善にもつながります。インナーマッスルはジムトレーニングでは鍛えることが難しいものです。ピラティスでは効果的に鍛えることができます。

ピラティスは毎日ではなく継続するべき

ジムトレーニングは毎日しなければいけない。ジョギングは毎日しなければいけない。ピラティスは毎日しなければいけない。毎日するから効果を得ることができるのかは、はじめたばかりだと気になるところでしょう。

毎日するとかえって効果を得られないという意見もちらほらみられています。実際、ピラティスではどうなのでしょうか。

ピラティスは毎日しなくてもかまいません。スタジオレッスンでは一週間に一度が一般的ではないでしょうか。初心者はこのペースで問題ありません。毎日続けなくていいのなら、なにが大切なのでしょうか。毎日ではなくピラティスそのものを継続することが大切なのです。

ピラティスの提案者であるジョセフ・ピラティスは、「ピラティスでは10回で違いを感じるようになり、20回で見た目が変わり、そして30回で肉体のすべてが変わる」といっています。

ジョセフ・ピラティスは毎日とはいっていません。あくまで、10回、20回、30回と継続することで効果を実感できるのだといっています。

毎日ピラティススタジオのレッスンをおこなうことは現実的ではありません。なにより、初心者がピラティスをセルフでおこなうと、負傷の原因にもなりかねません。毎日やらなきゃいけないと、自宅で取り組む必要はないのです。

気が付いたときに、ピラティスの呼吸を取り入れてみるといった、無理のない取り入れ方が理想的でしょう。

ピラティスのベストな頻度はどれくらい?

ピラティスレッスンでインストラクターの指導のもと、週に1回のピラティスレッスンをおこなうと効果を得られることがわかりました。では、実際のところ、ピラティスのベストな頻度はどのくらいなのでしょうか。

スタジオレッスンに合わせて取り組めば間違いはありませんが、実際のところが気になるかもしれません。

初心者はピラティスで筋肉痛になることがほとんどです。筋肉痛の回復を待たないでピラティスをおこなうと、筋肉を損傷する原因になってしまいます。そのため、初心者は最低でも次のピラティスまで2日以上あけなければなりません。

ピラティスの初心者では、週2~3日くらいがベストだといえます。中・上級者では週6日くらいが妥当でしょう。毎日おこなってもいいですが、たまに筋肉を落ち着かせることも大切です。

ピラティスを週1日でおこなうことに効果がないわけではありません。例えば、週1日のエクササイズをおこなった場合、3カ月で筋肉量が20%前後アップするといわれています。

あくまで「ベスト」だというだけで、週1日でも相当の効果が見込まれます。むしろ、ベストの頻度を意識してしまうばかり、ピラティスそのものが負担になってしまい、継続できなくなってしまうという懸念もあるのです。確実に継続するためにも、初心者は週1日くらいがちょうどいいといえるかもしれません。

まとめ

ピラティスの頻度は初心者だと週2~3日程度、中・上級者だと週6日程度がベストですが、週1日でも想像以上の効果が得られます。

ジョセフ・ピラティスがいうように、「10回で違いを感じるようになり、20回で見た目が変わり、そして30回で肉体のすべてが変わる」もの。継続することこそが、確実の効果を実感できるポイントだといえるでしょう。

Pilates Tokyo (ピラティス東京)新宿スタジオでは、週1日からのグループレッスンをおこなっています。ピラティスインストラクターが初心者にもわかりやすく、的確な指導をおこないます。週1日でも3ヶ月後には身体の変化に気付けるでしょう。

まずは体験レッスンで、週1日からピラティスの効果を実感してみましょう。

体験レッスン

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。