ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

コラム

  • HOME
  • ブログ
  • コラム
  • ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

ピラティスで腰痛が改善したという触れ込みはたくさんあります。理想のプロポーションを目指すためにピラティスを取り入れる女性、スポーツでのパフォーマンスをアップするために取り入れる男性ばかりでなく、性別に関係なく腰痛を改善するためにピラティスをしているケースも珍しくないのです。

ピラティスで腰痛を改善することができるのでしょうか。これまでなかなか腰痛を改善できなかった人にとっては、とても気になることのはずです。

ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

そこで今回は、ピラティスと腰痛について、腰痛の原因から改善する理由まで、くわしく解説していきます。

この記事の目次
・そもそも腰痛の原因って?
・ピラティスで腰痛を改善
・ピラティスで腰痛を予防
・まとめ

そもそも腰痛の原因って?

ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

ピラティスと腰痛の関係からではなく、そもそも腰痛の原因とは何なのかを理解しましょう。腰痛の原因は病気ではない腰痛とそうではないものにわかれます。病気である場合は、命が危険にさらされるわけではないヘルニアである割合が多数であるものの、ほかにも脊髄や内臓の病気が関わっていることもあります。

このうち、病気ではない腰痛であるなら、ピラティスで改善を目指すことができます。結局それらしい原因を特定できない腰痛に悩まされる人たちの85%をしめているのです。

実際に腰痛で整形外科を受診しても、作業療法士からストレッチをレクチャーされただけで、治療らしい治療がなかったということもあります。だからといって、効果のないストレッチを継続しながら、鎮痛剤を飲んでばかりもいられません。日常生活に支障がないレベルだとしても、鎮痛剤を服用することは健康的ではないでしょう。

そのため、医療機関だけでなく腰痛を改善できるという整骨院を利用したり、腰痛の症状を緩和する寝具に新調したりすることもありますが、改善は難しいのが実情です。さらに、日常的に重量のあるものを持ち上げたり、何時間も立ちっぱなしでいたりする仕事をしている場合、悪化させるばかりで改善は望めません。

ピラティスで腰痛を改善

ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

原因さえ特定できず改善するのも難しい腰痛にはピラティスが効果的です。ピラティスにはインナーマッスルを強化しながら、全身の筋肉をほぐしていく効果があります。

実は、だいたい作業療法士が腰痛の患者にアドバイスをする内容と目的が一緒です。ですが、ただ簡単な筋トレをしたりストレッチをしたりするだけでは、腰痛を改善するだけの効果を得られないのです。効果が得られないため継続しないことも要因です。

ピラティスはリハビリを目的として誕生したエクササイズです。そのため、腰痛があっても無理せずに取り組むことができます。身体に負担をかけずに、効率よくインナーマッスルを強化することができるのです。

インナーマッスルは腰を支える筋肉でもあります。腰痛が発生している腰回りを筋肉がコルセットのようにサポートする状態をイメージするといいかもしれません。腰痛を緩和するためにコルセットをすることもあります。インナーマッスルで背骨から骨盤、さらにその内側の臓器まで支えることができるようになるので、自分自身による腰痛改善が期待できます。

ピラティスで腰痛を予防

ピラティスで腰痛を改善!治療が難しい腰痛がピラティスでよくなる理由とは?

ピラティスには腰痛の改善だけでなく、腰痛の予防にも効果的です。年齢によって腰痛のリスクがアップすることはいうまでもありません。腰痛の症状が軽度である、または腰痛の症状がまったくない場合であっても、ピラティスで腰痛を予防することで、いつまでも健康的な生活を維持できます。

つまり、ピラティスを継続してインナーマッスルをトレーニングすることによって、インナーマッスルで腰回りを保護できます。つまり、腰痛になりにくい状態にできるわけです。

日頃の筋力不足からおちいってしまう腰痛、突然なってしまういわゆるぎっくり腰、さらには患者数が増えているヘルニアまで、あらゆる腰痛を予防することができます。

また、身体全体の冷えが腰痛を悪化させているケースもみられます。ピラティスで代謝をアップしておけば、冷えによる痛みもカバーすることが可能です。なので、腰痛の症状がない場合であっても、ピラティスを取り入れることにはとても意味があるといえます。

まとめ

ピラティスでインナーマッスルをトレーニングして腰痛を改善することができます。腰痛予防にも効果があるので、腰痛の症状が重度でも軽度でも、あるいは症状がないとしても、ピラティスを取り入れることがおすすめです。将来的に健康寿命を延ばすことにもなるでしょう。

そのためには、ピラティスを無理なく継続できる環境が必要になります。コンスタントにレッスンに参加して長期的に取り組んでみてはどうでしょう。

Pilates Tokyo 新宿スタジオでは、ピラティスのインストラクターによる指導で、腰痛があっても無理なくピラティスの効果を実感することができます。

まずは体験レッスンで、ピラティスによる腰痛改善への一歩を踏み出しましょう。

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。