ピラティスの最適な頻度って? 効果が実感できるのはどのくらいから?

コラム

ピラティスのエクササイズって、どんな効果があるのか?身体がどう変化していくのかな?
ピラティスをはじめよう!と思っている方の多くは、エクササイズ効果への期待感でドキドキ、ワクワクしているのではないでしょうか?
でも、いつまでたっても変化がなかったら・・・とても不安になりますよね。このまま続けていいのかな? とあきらめてしまうかもしれません。
ピラティスをどのくらいの頻度で、どの程度おこなえば、より効果を実感できるのか・・・。
ピラティスに限らず、エクササイズやトレーニングにおいては、その頻度や期間に悩むのではないでしょうか。

毎日やるのがいいの?それとも、週に1~2回くらい?
ピラティスを楽しく継続させるために、より効果を実感できる頻度や期間を知っておくとよいかもしれません。
身体が変わってきた! と気が付けば、もっと変わりたい!もっと頑張りたいという気持ちになるはずです。
今回は、これからピラティスにトライしてみたい皆様、すでにピラティスレッスンをスタジオで受けている皆様に、最適な頻度や効果を実感できる期間をお伝えしたいと思います。

ピラティスの頻度

この記事の目次
・ピラティスの効果はどれくらいで実感できる?
・ピラティスの最適な頻度は週何回?
・ピラティスはどのくらいやればいい?
・まとめ

ピラティスの効果はどれくらいで実感できる?

ピラティスをはじめてどのくらいしたら「ウエストがすっきりした!」「体重が減った!」「腰痛がよくなった!」といった効果が実感できるのでしょうか。
ピラティスの「祖」であるジョセフ・ピラティスは「ピラティスは10回で気分がよくなり、20回で見た目が変わる。そして、30回ですべてが変わる。」と言いました。
では、実際のところどうでしょうか?多くの方が、毎週1回のレッスン受講で、月4回程度の頻度で通われているのではないでしょうか?
そうすると、まず最初の目標である、10回に到達するには、2ヶ月~3ヶ月程度かかることになります。
この段階では、もしかすると効果を実感できない方もいらっしゃるかもしれません。
というのも、有酸素系のエクササイズと違い、ピラティスレッスンを受けても、大量に汗が出るわけでも、体重が激減するわけでもないからです。ピラティスの効果はちょっと見えにくい、実感しにくいという傾向があります。
実は、身体の筋肉は、さぼり癖があります。使われていない筋肉については、休んでいてもOKと脳が認識してしまうので、どんどん退化したりと休眠状態になってしまうのです。眠ってしまったインナーマッスルを「呼び起こす」のには、時間がかかってしまうのです。特に、日ごろから身体を動かす習慣がなく、一日の多くの時間を同じ姿勢で仕事や家事をしている方はその傾向が大きいように思えます。
ですが……10回前後のピラティスエクササイズで、身体の内部にあるインナーマッスルは、確実に変化しているはずです。ご自身は気が付かなくても、周囲の方は、「姿勢がよくなった」「ボディーラインが引き締まってきた」「最近イキイキしている」と本人以上に効果を感じているかもしれませんよ。是非、周囲の人にインタビューしてみたり、ご自身の身体の変化を見過ごさないようにこまめに計測してみてください。

ピラティスの最適な頻度は週何回?

ピラティスの最適な頻度は週何回がベストなのか。ここではピラティススタジオのコース設定を取り上げながら、わかりやすく説明していきます。

The Pilates Tokyoのプログラムからみる最適な頻度

スタジオにもよりますが……The Pilates Tokyoのプログラムをみていきましょう。
グループレッスン(マット)……月4回まで
グループレッスン(リフォーマー)……月4回まで
プライベートレッスン……月2回まで
The Pilates Tokyoのグループレッスンでは、月4回の頻度でピラティスに取り組むプログラムになっています。
東京都内のピラティススタジオでも月4回というのがスタンダード。このことから、ピラティスの業界では、最低でも月4回、つまり週1回以上おこえば、スタイルが変わったり不調が改善したり……このような変化が実感できるということなのかもしれません。

ピラティスビギナーは骨盤の位置と呼吸に注意

では、エクササイズの視点からもみてみましょう。ピラティスはインナーマッスルを鍛えるトレーニングです。ピラティスをおこなえば、普段は使うことがないコアの筋肉を使うことができます。ただし、正しくインナーマッスルを鍛えるためには、骨盤をニュートラルな位置に置いた状態で、胸式呼吸でエクササイズおこなうことが重要になります。骨盤がニュートラルではない状態でエクササイズを続けると、腰痛が悪化したり、姿勢の崩れに繋がり身体を痛めてしまうことも・・・。また、胸式呼吸を意識しすぎて呼吸が浅くなったり、止まってしまうのはおすすめできません。ピラティスはひとつひとつのポーズを正確におこなうことで効果が実感できるエクササイズです。とはいえ、ピラティスのビギナーの方が、正確な骨盤の位置を安定させながらエクササイズしたり、正しく胸式呼吸をするのは難しいことです。はじめは、エクササイズの動きに慣れたり、いままでの生活習慣やクセなどで「歪んでしまった姿勢」を認識し、動かさないことで固くなってしまった筋肉を動かしていくことを目標に、週1回以上レッスンを受講し、回数を重ねていきましょう。エクササイズに慣れれば、エクササイズの質も高まり、より安全に効果を実感することにつながるのではないでしょうか?

ピラティスはどのくらいやればいい?

ピラティスの最適な頻度は、週1回以上ということがわかってきました。ここで、最初にご紹介したジョセフ・ピラティスの言葉を思い出してみましょう。
「ピラティスは10回で気分がよくなり、20回で見た目が変わる。そして、30回ですべてが変わる。」という言葉ですね。
ピラティスを週1回ペースでおこなった場合、変化がおとずれる10回までは2~3カ月、はっきりと見た目が変化する20回までは4~5カ月程度かかることになりますが、
体験者インタビューなどを見てみると、ピラティスのレッスンを12回程度(3、4か月)おこなうと、スタイルが変化したり、姿勢がよくなったり、不調が改善したという方が多いようです。ピラティスに限らず、トレーニングでは2~3カ月がターニングポイントだと言われています。そのため、ピラティスをおこなっている女性たちが3カ月で変化がおとずれたというのも、ジョセフ・ピラティスの言葉どおりではないですが、理に適ったことだといえそうです。

まとめ

ピラティスの最適な頻度は週1回以上!回数だと、10回から12回程度おこなったあたりから変化を感じる方が多いようです。まずは、週1回以上、3カ月~半年は続けてみてはいかがでしょうか。これから始めようと思っている方は、まずは、体験レッスンからトライしてみてください。1回のレッスンでも気分がスッキリしたり、視野が広くなったり、姿勢が良くなるなどの効果を実感する方が多いようです。もちろん、体験レッスンだけでは変わりませんが、きっとピラティスなら変われるかも……と思っていただけるはずです。まずは体験レッスンに行ってみてください。

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。