知ったらきっと予約したくなる!ピラティス体験レッスン

コラム

新しいことにチャレンジしたい!そんな時、気軽に始められるのが「習い事」ではないでしょうか?
英会話教室、料理教室、音楽教室・・・スポーツクラブなど色々ありますね。

続けられるかどうかわからないから、どんなレッスンかやってみたい!
綺麗なところがいいな……きちんと掃除できていないのはちょっと・・・
どんな先生なのかな? 感じいいかな? 説明はわかりやすいかな?

どきどき・わくわく……期待する気持ちがある反面、不安な気持ちも・・・。心配事が頭をよぎってしまい一歩が踏み出せないという経験もあるのではないでしょうか?
そんなときには、まず「体験レッスン」に行ってから決めてみましょう!

もし、ピラティスを始めたいとお考えなのであれば、
・どんなレッスンなのか
・スタジオが衛生的なのか
・どんなスタッフ、インストラクターがいるのか・・・
など、他の習い事(教室)と同じように、不安な気持ちやわからないことも多いはず。

これからピラティスを始めたい皆さん! ぜひ体験レッスンに行ってみましょう。
ちょっと緊張するな……と思うかもしれませんが、ちゃんと「体験レッスンに行くべき理由」があるんです。
そこで今回は、知ったらきっと予約したくなる、ピラティスの体験レッスンに行くべき理由をお教えしたいと思います。

この記事の目次
・ピラティスの体験レッスンってどんなことするの?
・ピラティスの体験レッスンに行くべき理由とは?
・どんなスタジオで体験レッスンすればいい?
・まとめ

ピラティスの体験レッスンってどんなことするの?

ピラティスの体験レッスンってどんなことするの? と皆さん、気になっているはず。スタジオによりますが、ここではThe Pilates Tokyo 新宿スタジオの体験レッスンについてご紹介します。

1 まずは体験レッスンの予約から

The Pilates Tokyo 新宿スタジオの体験レッスンは1,000円(リフォーマー・初級マシンは3,000円)※税別です。
体験レッスンの予約は申込みフォームから。
まずはレッスン内容を確認して、行きたい希望レッスン・希望日時を選択します。あとは、お名前・メールアドレス・電話番号の入力だけ。その後、スタジオからの連絡を待ちます。

当日の持ち物は?

はじめてのピラティス。スタジオには何を持って行けばいいのでしょうか?
体験レッスンで必要なのは、ピラティスをするためのウェア、汗を拭うためのフェイスタオル、ソックス(できれば滑り止めがついている専用靴下)です。スタジオにはウォーターサーバーがあるのでマイボトルをもっていくのががおすすめですよ。

2 体験レッスンの流れ

体験レッスンには余裕を持って行きましょう。予約時間(レッスン開始時間)の20~15分程前までに到着できるのがベストです。
フロントで体験レッスンの受付を済ませたら、フロントスタッフから、
・スタジオについて
・ピラティスについて
・レッスンの注意事項
などの説明を聞きます。

また、フロントスタッフやインストラクターから「本日の体調」や「身体の不具合」などのヒアリングもありますので、心配事や疑問点があれば、この時間に聞いてみるとよいと思います。すべての手続きが完了したら、早速ウェアに着替えてレッスン開始!
はじめてのピラティスレッスンでも心配ありません。インストラクターがわかりやすくレクチャーします。
実際にレッスンを体験してみると、ピラティスとヨガの動きの違いを実感したり、自分の身体への気づきを持てるはずです。

3 入会手続き

このスタジオでレッスンしたい!という気持ちになったら、当日に入会手続きができます。もちろん、「どうしようかな……」というときは、スタッフに相談してみましょう。覚えておいていただきたいのが、体験当日の入会だと入会金が0円になるなど「特典」がつくということ。特典はスタジオ毎やキャンペーン期間などによって異なりますので、フロントスタッフに確認してみるのがおすすめです。

ピラティスの体験レッスンに行くべき理由とは?

では皆さん、ここでピラティスの体験レッスンに行くべき理由について、見ていきましょう。
これを読めば、やっぱり、ピラティスの体験レッスンに行こう! と思うはずです。

1 ピラティスのよさがわかる

体験レッスンの1時間だけでピラティスのよさがわかるはずない! と思うのではないでしょうか。
確かに、ピラティスを1時間しただけで、ぽっこりしていたお腹が引き締まるわけでも、骨盤のゆがみが矯正されるわけでもありません。もちろん、体重が数キロダウンするなんてことも……ありえませんよね。
ですが、レッスンを受けると、ご自分の身体の「変化」に気付きを持てるはずです。
ピラティスでは「気付き」を大切にしています。創始者であるピラティス氏が定めた「ピラティスの原則」の中にも、Awareness (意識・気付き)が謳われています。
普段の生活の中では、自分の身体への意識がOFFになりがちです。ピラティスを通して、無意識に動かしていた肉体を意識的に動かすことにシフトさせていきましょう。
ピラティスのレッスン時間の中で「なんだか、身体がアンバランスだな」とか「なんだか、腕や足が動かしにくいな」など自分の身体の特徴がわかれば、ご自身が抱えている身体の不調についても、「気づき」から改善につながっていくはずです。そして、ピラティスを続けることでさらに「気付き」が深まり、「よりよい身体」の変化を実感していただけるはずです。

2 スタジオの雰囲気がわかる

スタッフは笑顔で対応してくれますか? スタジオは隅々まで掃除されていますか? ひとつひとつみていくと、そのスタジオのことがよくわかります。
スタジオのスタッフが、笑顔のないそっけない対応だったらどうでしょうか?レッスンに通うとしたら、スタジオに行くたびに顔を合わせます。そんなときになんだか残念な気持ちになってしまうのは嫌ですよね。それに、困っているときに声をかけてくれたり、サポートしてもらえるのかどうかも心配になります。また、スタジオの清潔感も大切です。身体を動かすフロアが埃だらけだったり、衛生的でないマットに寝そべったりはできません。ましてや、更衣室に髪の毛が散らばっている・・・なんていうスタジオは困ります。これではレッスンどころではありませんよね。

3 スタジオの設備がわかる

ピラティススタジオの設備はスタジオごとに違ってきます。マットしかないところもあれば、マットからポール、サークル、さらにリフォーマーまで揃っているところまであります。できれば、最新の設備が整っているスタジオがいいですよね。
最初はマットピラティスからでも、スキルアップしてマシンピラティスにも挑戦してみたくなるかもしれません。
マットピラティスはここのスタジオ、マシンピラティスはあそこのスタジオと、複数のピラティススタジオを掛け持ちすることになったら、入会金から月会費まで余分にかかってしまいます。いつものピラティススタジオですべてできる環境がおすすめです。

4 インストラクターの質がわかる

最近ではピラティスのインストラクターが増えつつあります。ヨガ以上に注目されるようになり、ピラティス人口そのものが増えてきたことも理由なのかもしれません。だからこそ、インストラクターの質が問われています。体験レッスンを受ければ、おのずとインストラクターの質がわかります。ピラティスの経験がなくても、レッスン終了後の満足感でわかるのではないでしょうか?インストラクターがよければ「よかった!」「楽しかった」「身体に効いた!」!などの感覚があり、そうでなければ「イマイチ」・・・などの残念な気持ち残ってしまうことでしょう。

5 疑問点をスタッフに聞ける

体験レッスンでわかったこと(わからなかったこと。難しかったこと)がたくさんあるはずです。そして、実際にスタジオを利用してみて、レッスンをしてみて、知りたいこともできたはず。疑問点は、時間を置かずにスタッフに聞いてみましょう。その日のうちに、疑問点がすっきりするのも、体験レッスンのいいところです。

どんなスタジオで体験レッスンすればいい?

ピラティスの体験レッスンができるスタジオは、東京都内だけでも数えきれないほどあります。予約したいけど、どこのスタジオがいいのかわからない……体験レッスンの段階から、スタジオ選びに悩んでしまうのではないでしょうか。最後に、どんなスタジオがおすすめなのか、皆さんにお伝えしておこうと思います。

1 公式サイトだけでもスタジオで設備面のよさがわかる

現在では、情報収集方法はほとんどネットなのではないでしょうか。まずはスタジオの公式サイトを見てみて……からのはず。公式サイトからでも、スタジオの設備面のよさがわかるようなところがおすすめです。
マットはありますか?
ポール、サークルなどのアイテムはありますか?
スタジオは広いですか、それとも狭いですか?
更衣室はどうですか?
設備が不十分なスタジオでは、レッスンがはじまってから内容に満足できなかったり不便だったりします。体験レッスンは、できるだけ設備が整っているスタジオを選びましょう。

2 公式サイトの料金体系に納得できる

ピラティススタジオの公式ホームページから入会金・月会費などの料金体系をみてみましょう。いくつかのスタジオを比較してみると、相場がわかってくるはず。
料金が掲載されていなかったり、料金体系に納得できないスタジオは選ぶべきではありません。後々、経済的な負担になったり、スタジオやレッスンに対する不満になったりすることだってありえます。

3 公式サイトのプログラムに納得できる

どのようなプログラムがおこなわれているでしょうか? 一般的なマットピラティスのグループレッスンは、どこのスタジオにもあるでしょう。では、マシンピラティスのレッスンは? リフォーマーの設備がないとおこなえません。プライベートレッスンに対応していないスタジオもあります。
マットピラティスはもちろん、マシンピラティスからプライベートレッスンまで、様々なプログラムがあるといいでしょう。ピラティスの「幅」が広がるはずです。

4 体験予約の電話対応がいい

インターネットからの体験予約の場合、メールでのやりとりだけで完結してしまうこともあります。そのため、必ずしも……といえることではありませんが、電話でやりとりしたとき、スタッフがどのように対応したかもポイント。
電話口の感じがいいな……と思ったら、実際の受付の対応だっていいはず。ピラティスをはじめてからは、インストラクターだけでなくスタッフとも話す機会があります。スタッフの質も通い続けたいと思うかどうかもポイントになるでしょう。

まとめ

最後に、駅からのアクセスも忘れてはいけないポイントです。
新宿駅のように、首都圏全域にアクセスできる主要ターミナルステーションなら、どこに生活基盤があっても、会社・スタジオ・自宅とスムーズに移動できます。また、スタジオの場所が駅から徒歩圏内で、治安のよい場所であることも大事です。会社帰りにレッスンを受けて帰宅する際、あまりにも遠いと安全面でも心配です。また、治安という意味では、スタジオの立地についても、体験レッスンの際に確認してみましょうね。そういう意味では、主要な駅にあり、徒歩5分以内のスタジオが理想的なのではないでしょうか?
このスタジオでピラティスがやりたい! と思えるスタジオがきっとあるはずです。まずは、体験レッスンからトライしてみましょう!

The Pilates Tokyoは、今回ご紹介した体験レッスンにぴったりのスタジオです。料金は都心最安値、ですが新しいスタジオには設備が充実、マットピラティスからマシンピラティス、プライベートレッスンとプログラムも充実しています。もちろん、受付でも電話口でもメールでも、スタッフが親身になって対応しますよ。西新宿駅から徒歩3分、都心からアクセスしやすいスタジオなので続けやすいはずです。

皆さん、ピラティスの体験レッスンをThe Pilates Tokyoでしてみませんか?

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。