ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

コラム

  • HOME
  • ブログ
  • コラム
  • ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

引き締まったボディラインを目指しながら、筋トレを避けてしまう女性がいます。筋肉質になってしまうと女性らしさを失ってしまうからです。理想はモデルのようなしなやかな筋肉。しかし、どうすればそんな筋肉を効率よく身に付けられるのかわかりません。

そこで、実践してみたいのがピラティスです。すでに、国内外のトップモデルから支持されていることからも、その効果がうかがえます。

ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

では、どうしてピラティスで理想的な筋肉をつけることができるのでしょうか。今回は、ピラティスでしなやかな筋肉になれる3つの理由をご紹介します。

この記事の目次
・ピラティスと筋トレは別物!
・インナーマッスルを鍛えられる!
・インナーマッスル以外も鍛えられる!
・まとめ

ピラティスと筋トレは別物!

ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

ピラティスで筋肉を鍛えることができるのなら、筋トレのような激しいエクササイズなのだろう。もしかしたら、筋肉がつくものはすべて筋トレのジャンルになる……このようなイメージを持ってしまっているケースもあるようです。

ピラティスと筋トレは別物です。筋トレといえばジムでのパワートレーニング。腹筋マシーンやダンベルマシーンで、筋肉を鍛えていくものです。毎日、腹筋や腕立てをするだけでも、筋肉がついたと実感できるでしょう。

このように、見ただけでわかる筋肉のことをアウターマッスルといいます。ボディービルダーのような肉体はアウターマッスルを鍛えたからこそのもの。想像を絶するような肉体改造をしているのです。

女性が理想とする筋肉はアウターマッスルを鍛えることでは実現できます。体育会系の部活動で筋トレをしすぎて足が太くなってしまったなんて経験もあるのではないでしょうか。これも、アウターマッスルが鍛えられたためです。

ピラティスではパワートレーニングはしません。ピラティスのポーズにじっくりと取り組んでいきます。アウターマッスルを鍛えるのではなく、アウターマッスルの内側にあるインナーマッスルを刺激することに目的があるのです。

インナーマッスルを鍛えられる!

ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

ピラティスではインナーマッスルを鍛えることができます。ウエストを中心とした胴体の中心部、つまりコアにある筋肉のこと。だからこそ、アウターマッスルのように簡単に鍛えることができないのです。

BMIの数値も痩せている範囲だし、腕だってほっそりしているし、すらっとした足にぜい肉なんてついていないし。それなのにぽっこりとお腹が出ているのはどうしてだろう……こんな太っていないのにぽっこりお腹という現象に悩んでいる場合、インナーマッスルのトレーニング不足の可能性があります。

インナーマッスルは内臓をコルセットのようにサポートしています。このコルセットがゆるくなってしまったらどうなるでしょう。内臓が垂れ下がってしまいます。内臓が下腹部に集中するため、お腹がぽっこりしてしまうのです。内臓にも負担がかかっているため、健康的にもよくありません。消化器官に不調につながる可能性もあります。

アウターマッスルは体積を増していきますが、インナーマッスルは内側から引き締まっていくだけで、筋肉質にならないのが特徴です。女性が求めるしなやかな筋肉そのものでしょう。

ピラティスではこのインナーマッスルを無理なく鍛えられます。継続することでインナーマッスルが鍛えられていくことは、自分自身の身体がなによりも実感できるはずです。

インナーマッスル以外も鍛えられる!

ピラティスで実現する理想の筋肉!しなやかな筋肉がつく3つの理由をご紹介!

ピラティスで鍛えられるのはインナーマッスルだけではありません。ピラティスのポーズにはそれぞれに効果があります。気になるヒップラインや太ももに効果を発揮するポーズもたくさんあるのです。

インナーマッスルを鍛えながら他の部位にもアプローチする、このような効率的なポーズに取り組むことで、全体的にバランスよく鍛えることができます。

例えば、初心者でもできるピラティスのポーズとしてピックアップされるブリッジは、インナーマッスルを中心に、背筋、ヒップ、太ももの裏側まで鍛えることができます。鍛えることで太くなってしまいがちな太ももだとしても、エクステンションというポーズなら背中からヒップを同時に引き締められます。

インナーマッスルを鍛えるだけでも、姿勢がよくなってウエストもすっきりしますが、キュッとしたヒップラインと引き締まったレッグラインを実現することで、どこからみても完璧なボディラインへと近付けるでしょう。

まとめ

ピラティスでは筋トレのようにハードトレーニングをしなくても、身体に負担をかけずインナーマッスルを中心に全身の筋肉をバランスよく鍛えることができます。ボディービルダーのような肉体ではなく、ほどよく引き締まったボディラインになれるのです。

筋肉はつけたいけど、筋トレのようにハードなトレーニングはしたくない。筋トレのせいでごつくなりたくない。ピラティスで身体に負担をかけることもなく、しなやかな筋肉をつけることこそが、美容・健康につながります。

Pilates Tokyo 新宿スタジオでは、ピラティスのインストラクターが丁寧にポーズを指導してくれるので、自分のペースで効率よく筋力トレーニングができます。

まずは体験レッスンで、理想の筋肉を手に入れるための一歩を踏み出しましょう。

体験レッスン

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。