宅トレを効果的にする方法

スタッフ

宅トレを効果的にする方法

ここ最近、「宅トレ」という言葉が急浮上してきたかと思います。
「宅トレ」=自宅でトレーニング。日本人は略語を作るのが得意ですね。

SNSで「宅トレ」と検索すれば、様々な動画や方法を見ることができます。
また、オンラインでのレッスン提供サービスも増えてきましたので、そちらも含めて「宅トレ」といってもよいのかもしれません。
そこで今回は、ピラティスを軸にご自宅でのトレーニングを有意義で効果的にするための方法をご提案したいと思います。
腹筋

この記事の目次
・宅トレのメリット
・宅トレのデメリット
・自宅でのトレーニングは基礎を身につけてからがベスト
・まとめ

宅トレのメリット

ピラティス初心者は有資格者に教えてもらうのがベスト!その理由をご紹介

それでは、まず宅トレのメリットをご紹介していきたいと思います。

メリット1 移動しないでよい

これは大きいメリットですね。今後、科学が発達すれば、バーチャル空間でのグループレッスンなども可能になってくると思います。
ご自宅の近くに行きつけのスタジオやジムなどのスポーツクラブがあれば通いやすいですが、わざわざ電車やバスに乗っていくとなると、ちょっと腰が重くなってしまいますよね。特に、女性の場合、家の中で過ごすのと、一歩でも外出する際とでは全く心構えが変わってくるのではないでしょうか。
また、感染症などのリスクが少ないのも、自宅でトレーニングできる大きなメリットです。

メリット2 自分のペースでできる

特に、グループレッスンで言えることですが、インストラクターは、参加者全員に満足していただけるメニューを提供したいと考えています。
しかし、現実的には、体力・経験値・求めている内容などは、ご参加者様、ぞれぞれに違います。
初心者の方と経験値が高い方がいれば、どうしても初心者の方にあわせたメニューになるため、経験値の高い方にとっては「ちょっと物足りなかった・・・」なんてことも。自宅であれば、自分が満足するまで、いくらでも負荷をかけることができます。
反対に、じっくりとトレーニングを行いたい方は、身体のリリースから行うこともできます。スタジオでは、時間の制限あるため、リリースの時間も限られたものになってしまいますが、足裏や足指をしっかりほぐし、ローラーを使って身体の筋膜リリースをしっかり行えば、トレーニングの質も高いものなります。

メリット3 隙間時間を活用できる

在宅勤務や家事の合間のリフレッシュにと、隙間時間を活用できるのが、宅トレのうれしいところ。
5分でも10分でも身体を動かすのとそうでないのとでは、大きく結果が異なってきます。
毎日、決まった筋トレメニューを行ってもよいですし、その日の体調に合わせてストレッチを加えたりと、自分のペースで好きな時に、好きなメニューでトレーニングを行えるのは宅トレの良さだと思います。ご自分の身体の事は、ご自分が一番よくわかっているはず・・・。だからこそ、その日の体調に合わせてメニューを調整できればベストだと思います。

宅トレのデメリット

ピラティス初心者は有資格者に教えてもらうのがベスト!その理由をご紹介

それでは、反対に、デメリットもご紹介したいと思います。

デメリット1 集中できない

まずは、宅トレできる空間の確保から始まり、エクササイズできる時間の確保も以外と難しいことです。
子育て中の方であれば、お子さんがいつお昼寝から起きてしまうかわかりませんし、学校から早めに帰ってくることだってあります。
または、エクササイズ中に、なぜか宅急便のお届けが頻繁に来る日もあるでしょう。
また、ペットを飼っている方ならば、意外とペットに邪魔されることも・・・・「遊んで~」と甘えてこられたら、ちょっと断りづらいですよね。

デメリット2 ケガの危険性

美しいスタイルを手に入れたい、健康的な身体を手に入れたい、そのため自宅でエクササイズに励んでいるはずが思わぬケガに発展する可能性もあります。
宅トレできるスペースを確保したつもりだったけど・・・足がTVやベッドにぶつかったなどの、物理的な面もありますし、または、トレーニング方法が間違っていて、身体を壊してしまう可能性もあります。
宅トレの基本的なメニューである「プランク」や「スクワット」なども取り組みやすい動きではありますが、身体をセッティングする時点で間違えてしまうと、肩関節を痛めたり、腰痛を引き起こしたりする可能性もあります。

デメリット3 結局やらないで終わる

SNSでエクササイズ動画を流しているのにあわせて身体を動かしてみる・・・
その前に、まずはどういう内容か見てみようと、再生して終わってしまうなんてことはないでしょうか?
また、トレーニングするスペースを確保するつもりが、「断捨離」に発展し、一日が終わってしまうなど・・・
または、急な仕事や用事が入ってしまって、やる気満々だったのに・・・結局できないで終わってしまうこともあると思います。
やはり、生活の中でまとまった時間を確保するのは、その方の意志の強さや、一定のリズムで生活できる方などに限られてしまうかもしれません。

自宅でのトレーニングは基礎を身につけてからがベスト

マンツーマン

できれば、宅トレはピラティススタジオやパーソナルジムでのマンツーマン指導などで、有資格者の指導のもと基本的な動きができるようになってから行うことをお勧めしたいです。
自宅で継続的にエクササイズを行うことで、より美容や健康面での効果を得られることは間違いありません。
皆さんご存知の通り、筋トレは筋肉細胞をいったん壊して、その後に回復することで新たな強い筋肉が生まれます。よく言われている超回復というものです。
この周期については、意見が分かれるところですが、一般の方であれば、週2回程度の筋トレが有効をされています。
ご自宅でヨガやピラティスを始め、筋肉を鍛えるエクササイズをする場合は、その周期も計画しながら行えるとベストだと思います。

まとめ

ベストな宅トレとは、ピラティススタジオやパーソナルジムできっちりと基礎を固めてからご自宅で行うか、レッスンを継続しつつ、次のレッスンまでに自宅で復習を兼ねたトレーニングをするのがおすすめです。
どうしても、インターネットの動画やDVDを参考にして自己流で行ってしまうと、ケガのリスクが伴います。
しかし、身体を動かすという意味では、身体へのメリットがないわけではありません。
「動かない」状態が続くことにより、心身の機能が低下して「動けなくなる」ことが懸念されます。
特に、ご高齢者がこのような状態に陥ることを「フレイル」と呼び、厚生労働省などで予防を呼び掛けています。
本格的な運動は、有資格者による指導のもと、基礎をしっかりと身に付けたうえで。
ご自宅でのトレーニングは、復習もしくは、「散歩」「早歩き」「ステップ運動」「ストレッチ」など軽いメニューの方が良いかと思います。

Pilates Tokyo(ピラティス東京) 新宿スタジオの会員様は初心者の方が中心ですので、インストラクターは、わかりやすくピラティスを基礎から指導いたします。もちろん、トレーニングの方法についてもご相談ください。
新宿駅から徒歩3分。Pilates Tokyo(ピラティス東京) 新宿スタジオの体験レッスンに是非お越しください。
スタジオでお待ちしております。

新宿でピラティス。
Pilates Tokyo 新宿スタジオ

Pilates Tokyo 新宿スタジオは新宿駅・新宿西口駅・都庁前駅・西新宿から3分~5分で通えるので代々木や池袋・大久保からお越しの会員さんが多いのが特徴。出社前やお昼休み、そして帰宅前の大切な時間を駅近の都内最大級のピラティススタジオでピラティスをお楽しみください。
体験レッスンはお気軽にお問い合わせください。

ピラティス体験レッスンはこちらからどうぞ
体験レッスン

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

関連記事一覧

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。