秋の疲れには、腹筋と呼吸器(気管)を強化・改善する「100(ハンドレッド)」がおススメです。

  • HOME
  • ニュース
  • 秋の疲れには、腹筋と呼吸器(気管)を強化・改善する「100(ハンドレッド)」がおススメです。

ピラティスTOKYO MIEです。

秋は、気圧の影響で呼吸器の機能が低下しやすい季節です。
そんな症状改善には、「100(ハンドレッド)」がおススメ。
腹筋と呼吸器(気管)を強化します!

ピラティスのレッスンの中でも、呼吸器の強化が期待される動きが「ハンドレッド」です。
腹筋も使う動きなので、腹横筋を鍛えることでぽっこりお腹も解消!

【やり方】
1.仰向けになり、ニュートラルポジションをチェック
・おへその後ろに手のひらが入るくらいの隙間を確保
・ろっ骨の下をマットにつけるイメージで上半身を安定させる
2.片足ずつ、テーブルTOPにしてぴったりと膝をそろえてから、両足を伸ばします。
3.吐く呼吸とともに、上半身をゆっくりチェストリフトの状態まで起こしていきます。
4.そこから手を前に伸ばし、手のひらを床に向けます。
5.その体をキープしたまま、手を上下に小刻みに動かしながら、5回ずつ息を吸って、5回ずつ息を吐きます。
「スー・スー・スー・スー・スー」、「ハッ・ハッ・ハッ・ハッ・ハッ」のイメージで、元気よく呼吸をつづけます。

しっかりとした呼吸を続けることで気管を強化し、同時にお腹と二の腕を引き締めることができますよ。

詳しくは、当スタジオが取り上げられた「アクティブでおしゃれな女性ゴルファーへの発信源「Regina」」の記事をご覧ください。
「Regina」の記事は☆こちら

ピラティス体験レッスンはこちらから
体験レッスン

The Pilates Tokyo 新宿スタジオからのお知らせ

最新のお知らせ

ピラティスは「運動が苦手」でも始めやすい
トータルボディコンディショニング
ぜひお気軽にご相談ください。